萌夏里紗 タロット講座

ひとくちに占いといっても沢山の占術があるなか、比較的に一般の方が取り込みやすい占法であるタロット占いは、初心者にも学びやすい占術といえます。

相手の生年月日を知らなくても、人の心を映し出し、過去・現在・未来の状態を美しい絵柄を見ながら読んでいけるという占法は独特のものであり、魅力のある占いです。

 本講座ではいろいろなタロットカードがある中で一番オーソドックスなウエイト版を使います。

タロットカードは78枚から成り立っていて、その内22枚を大アルカナといい初級編で勉強します。

この22枚を学ぶだけでも簡単な占い、自分自身に迷いが出たときなどに占うことが可能です。中級編では小アルカナ56枚を勉強します。より深い読み方ができるようになります。

 長い間、占い師をしていますが、お客さまから一番人気があり需要あるのがタロット占いです。

 ご神託を伝えてくれ、不可能を可能にする魔力が秘められているタロットカードの世界を一緒に学んでいきましょう。

本講座を受講することで占い師を目指す人も目指さない人も、これからのあなたの人生に実り&安心をもたらしてくれるばずです。

 

初級編

☆目的・・・大アルカナが読めるようになる。

       大アルカナ22枚を使っての簡単な展開ができるようになる。

 

1回目  タロットオリエンテーション(占い方と手順を覚える)

      タロットの歴史や概要 タロットの扱い方 タロット用語 

 

2回目  大アルカナ  0・愚者 1・魔術師 2・女教皇 3・女帝  

 

3回目  4・皇帝  5・法王 6・恋人  7・戦車  

 

4回目  8・力  9・隠者  10・運命の輪  11・正義

 

5回目  12・吊るし人  13・死神  14・節制 15・悪魔   

 

6回目  16・塔  17・星  18・月 19・太陽  

 

7回目  20・審判21・世界  簡単なスプレット・・・ワンデースプレット

      (今日はどんな一日になるのか?)

 

8回目  スリーカードスプレット (過去、現在、未来を読む)

      ラブスプレット(相手は自分をどのように思っているのか?)

      二者択一法 (2つの物事の選択に迷ったとき)

      ヘキサグラム (相手の気持ちをはっきり知りたいとき)

 

9回目  進級試験

 

 

タロット講座 中級編

目的

小アルカナが読めるようになる。

大アルカナと小アルカナ併せて78枚を使い読む方法を知る。

 

10回目  小アルカナの基本 その読み方

 

11回目  ワンド・カップ・ソード・ペンタクルス1、2,3

 

12回目  ワンド・カップ・ソード・ペンタクルス4・5・6

 

13回目  ワンド・カップ・ソード・ペンタクルス7・8・9

 

14回目  ワンド・カップ・ソード・ペンタクルス10 

          1~10数の説明(カバラ的考え方)

 

15回目  人物カード 各キングとクイーン

 

16回目  人物カード 各ナイトとペイジ

 

17回目  状況に応じての各種展開法を学ぶ

 

18回目  最終のまとめ。プロデビューのための試験

 

***********料  金*************

全講座共通 ¥10,500-/1回